最新芸能NEWS
2010年04月21日

上戸彩のドラマにパクリ疑惑!米「コールドケース」と酷似

上戸彩のドラマにパクリ疑惑!米「コールドケース」と酷似ninkiranking

上戸彩が初の刑事役で、4月13日スタートしたドラマ
絶対零度未解決事件特命捜査」(フジ)。
初回の平均視聴率は18.0%と上戸主演連続ドラマとしては歴代最高
視聴率を記録した。
だが、そんな注目作がアメリカのCBSで放送の人気刑事ドラマ
コールドケース 迷宮事件簿」のパクリと騒がれているのだ→ninkiranking
 
フェロモンボディ
あるテレビ情報誌記者は次のように明かした。
「未解決事件を最新の科学捜査を駆使して捜査する部署が舞台で、
同じく未解決事件を扱い、女性刑事が主人公の『コールドケース』
との類似が放送前から指摘されていました→ninkiranking
そして、捜査ファイルが保管されているダンボールが並べられた
棚を撮影したシーンなどは、明らかに『コールドケース』を意識
したもの
ですね→ninkiranking
そのほか、主人公が男性刑事たちと共に捜査し、特にボスから
ハッパをかけられる設定も共通します。
また、『コールドケース』では、未解決事件を捜査中、その事件が
発生した当時に流行していたアーティストの楽曲をBGMとして使用
するのが名物となっていたんですが、『絶対零度』でも同じ演出
行われています→ninkiranking
正義感の強い主人公が、事件をとことんまで調べないと
気が済まない点なども、二作は共通している。

そんな中、実は上戸本人が『コールドケース』を意識した発言を行っていたという。
「上戸は制作発表の際に『刑事という仕事を勉強しようと思って、
海外ドラマの「コールドケース」や日本の刑事ドラマを見たんですが』
と発言。『コールドケース』の話を出してしまい、一部関係者は
ヒヤリとしたそうです。でも実は、日本のドラマのプロデューサー
たちが海外ドラマやハリウッドの映画をモチーフに企画を立ち上げ
るのは、よくあることですよ」
(引用 メンズサイゾー)
フェロモンボディ
ネットでは、
「コールドケースが好きなので、正直、観ていてイタかった・・・」
「超ーーーそっくりです!!もうびっくり」
「フジはあそこまでパクって視聴者から何の苦情もないの?」
との声が。一方では、
「古畑だってコロンボのパクリだったろ。
不況なんだから売れて金を循環させた方が良いだろ」
「昔からパクリばかりなのに何を今更」
と、今に始まったことではないと冷静な意見も見られた。
初回は18%を記録し、2話は14.5%だったこのドラマ。
このまま好調な数字をキープできるか注目である。

【芸能ニュース速報】
後藤真希くわえタバコでパチンコ!落ちぶれた姿が「週刊新潮」に激写【画像】
ランキング2位ワイド芸能ショー さん
集団脱退!モーニング娘を襲う「最悪の結末」
ランキング11位
芸能界の裏の顔 さん
posted by Aネタ芸能 at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/147279841
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最新芸能記事20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。