最新芸能NEWS
2010年09月09日

華原朋美のプッツン奇行の真相、影に3人の引き抜き

華原朋美のプッツン奇行の真相、影に3人の引き抜きninkiranking

先月末にまたまた“緊急搬送騒動”でマスコミを賑わせた華原朋美(37)。
かと思えば、今度は週刊誌でクスリの芸人は彼氏のDVだとか、しゃべりまくっている。
一体彼女の身に何が起こっいるのか→ninkiranking
 
フェロモンボディ
(以下引用)
「私は尾木社長との約束を守り通したかったのに、色んな人に邪魔をされて再復帰できなくなっ
ちゃいました。本当に申し訳ないです→ninkiranking」(華原)
07年6月末に当時の所属事務所・プロダクション尾木を解雇された華原。しかし、尾木社長は
完全に彼女を見捨てたわけではなく、再復帰に向けた助言をしていたのだという→ninkiranking
「社長には、『もっと世間を知りなさい』と、ダンスやボイトレ、譜面読みの練習のほかに、
ボランティアとアルバイトをしなさいと言われて、ちゃんとやってました」(華原)
華原のいう「色んな人の邪魔」とは何なのか?
最初は2年ほど前。小室哲哉との別離騒動の際に尽力した、別の事務所の元マネージャー
近づいてきて、
「朋ちゃんに無断で『今後は自分で華原を売り出したい』と“芸能界のドン”に直談判してしまい、
復帰話をややこしくさせた→ninkiranking」(同前)
今年に入り、今度はまた違う芸能事務所社長が華原に言い寄って来たという。
「5月に、ある雑誌の元編集長に言われて、昔所属していたA事務所の社長に会ったんです→ninkiranking
昔、全然お給料も出なかったから嫌だったけど、『ウチから再復帰しなさい。
俺も変わったし成長した。ちゃんとお金も払うし良い住まいも与えるから』って」(華原)
Aの社長は、尾木社長宛ての“絶縁状”の直筆下書きを作成。
「言われるままにそれをメールに打ち直して、尾木社長に送ってしまいました。
尾木さんからは『こんな風なカタチでメールがくるなんて、本当に傷つきました』と返事が
来ました。もちろん賛成はしてくれなかったし、移籍に伴う違約金の話なども出て、
Aの社長とは新居も見にいきましたけど、結局“移籍”は立ち消えになりました」(華原)
足場の無くなった事態に気付いた彼女は、翌月、尾木社長に謝罪→ninkiranking
「それでこれからは、尾木プロ傘下の事務所で頑張ろうっていう話になっていたんですけれど…。
でも、今回の騒動を起こしてしまったので、『しばらくは(復帰は)ないよ』って言われて
しまって、悲しかったです。尾木さんとの約束を守りたかった→ninkiranking
なのに、色んな人が私を惑わせるんです。もう今後はきっぱりお断りします!」
(引用 週刊文春)
フェロモンボディ
復帰したい一心なのだろうけど…。
見失い過ぎというか、目の前のおいしい話につられて痛い目にあっているようだ。
今後の目標は、歌いたいし舞台やバラエティもやりたいという華原。
甘言に惑わされないように・・・。




【芸能ニュース速報】
後藤真希くわえタバコでパチンコ!落ちぶれた姿が「週刊新潮」に激写【画像】
ランキング2位ワイド芸能ショー さん
集団脱退!モーニング娘を襲う「最悪の結末」
ランキング11位
芸能界の裏の顔 さん
posted by Aネタ芸能 at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
最新芸能記事20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。