最新芸能NEWS
2010年11月07日

ニセ婚ビジネス!?タニマチの誘いを断るために芸人と仮面夫婦!

ニセ婚ビジネス!?タニマチの誘いを断るために芸人と仮面夫婦!ninkiranking

芸能界でお笑い芸人と女優、歳の差婚など“美女と野獣”的な異色カップルの熱愛報道があるが、
その裏には“ニセ婚”ビジネスが存在するという。
実はタニマチの誘いを断るために、そうしたカップルが作られているというのだ→ninkiranking
 
フェロモンボディ
(以下引用)
木下優樹菜と「FUJIWARA」の藤本敏史藤原紀香と陣内智則ninkiranking
芸能界での恋愛や結婚報道を観ていて「こんなカップルってありなの!?」と
耳を疑った経験をもつ人は多いはず。
実はこうした報道のなかには、裏がある場合もあるという。
一部では、ニセ結婚活動のことを“ニセ婚”と呼び、ビジネスとして考えているというのだから驚きだ。
ニセ婚の特徴は、お笑い系芸能プロダクションと、モデル、女優などが所属する芸能プロダクション
の間で執り行われる→ninkiranking
ある程度人気が出てきたモデルや女優には、彼女らをお気に入りとするタニマチがいる。ほとんどが良心的なのだが、その中にはやっかいなタニマチがいることも。モデルや女優をCMに起用したり、マンションを買って与えられたり至れり尽くせりだが、当然のことながらその見返りを求めるのだ→ninkiranking
元大手芸能プロダクションマネージャによれば、
肉体関係は当然のこととして、場合によっては結婚を求められることも。かといって場合によっては事務所に年間で数億から数十億の利益を与えてくれているタニマチに“手を出さないで”とは口が裂けても言えるわけがありません。しかし、モデルや女優は商品であると同時にひとりの人間でもあるわけですから、彼女らの人生も尊重したい→ninkiranking
ということで、タニマチに一番手を引いてもらいやすい、“結婚相手がいる”という状況を作り出すわけです。タニマチの方も相手が大手芸能プロダクションの人間となれば、立場上しつこくつきまというわけにもいかなくなります。そういう時にお笑い芸人に白羽の矢が立つんです→ninkiranking
お笑い芸人にとって、バツイチなんて勲章のようなもの。前途の元マネージャによれば、タニマチの執着次第ということだが、短くて1年、長いと数年の仮面夫婦生活のあと、「仲は良いけどお互いの道を進むことにしました」と円満離婚をするのがこのビジネスのパターンとなっているそうだ→ninkiranking
(引用 実話ナックルズ)
フェロモンボディ
にわかに信じがたい話ではあるが…。
だが、言われてみれば、不釣合いなカップルは多い。
あとは子供を作らず、何年かして円満に離婚するカップルも。
あながちあり得なくもない話なのかも…。

【芸能ニュース速報】
後藤真希くわえタバコでパチンコ!落ちぶれた姿が「週刊新潮」に激写【画像】
ランキング2位ワイド芸能ショー さん
集団脱退!モーニング娘を襲う「最悪の結末」
ランキング11位
芸能界の裏の顔 さん
posted by Aネタ芸能 at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168369631
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最新芸能記事20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。