最新芸能NEWS
2010年12月15日

水嶋ヒロのamazonレビューが早速炎上!酷評の嵐

水嶋ヒロのamazonレビューが早速炎上!酷評の嵐ninkiranking

第5回ポプラ社小説大賞を受賞した俳優の水嶋ヒロこと齋藤智浩のデビュー長編「KAGEROU」が12月15日から販売開始となった。
処女作での大賞受賞や賞金2000万円を辞退したりと何かと話題になったこの作品。
だが、amazonのレビューでは早くも大炎上している→ninkiranking

KAGEROU


(以下引用)
刷り部数は、すでに4刷43万部に達している。
物語のパターンとしては、よくある"悪魔との契約"もの。ただし、ファンタジーでもホラーでもSFでもなく、一応は現実に立脚している点がユニークといえばユニーク。ふつうの小説ではありえないキャラ、ありえない組織、ありえない設定が続出するものの、全体にコミカルなタッチなのでさほど気にならない。
主人公の愛すべきダメっぷりと文章の素人っぽさが相俟って、それなりに好感のもてる小説に仕上がっている。
38字×14行というゆったりした文字組のおかげもあってか、あっという間に最後まで読めるのも長所のひとつ。小説好きの読者には物足りないだろうが、ふだん本を読まない人には歓迎されそうだ。
主人公が連発するオヤジギャグ(一応、それなりの必然性はある)を水嶋ヒロファンがどう受けとめるかに注目したい。
(引用 livedoorニュース)

WWD for Japan (ウィメンズ・ウェア・デイリー・フォー・ジャパン) 2010 冬号 2011年 01月号 [雑誌]


アマゾンはこちら↓

星1つが圧倒的に多い。
厳しい意見が多いようで、「ページがスカスカだった」「一時間弱で読み終わり、何の感慨も受けませんでした」「(星1つは)大賞作として見た場合の評価。そうでないなら+1くらいでも可」「ポプラ社大賞に、文学賞としての価値など無い」などのコメントが。
水嶋ヒロは、食事が喉を通らないなどと答えていたが…。
ポプラ社はかなりの収益があっただろうが、水嶋はそれに使われ、案の定、酷評の嵐に…。
ちょっと気の毒である…。

【芸能ニュース速報】
後藤真希くわえタバコでパチンコ!落ちぶれた姿が「週刊新潮」に激写【画像】
ランキング2位ワイド芸能ショー さん
集団脱退!モーニング娘を襲う「最悪の結末」
ランキング11位
芸能界の裏の顔 さん
posted by Aネタ芸能 at 18:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/173462343
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最新芸能記事20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。