最新芸能NEWS
2011年01月27日

書店に売れ残った水嶋ヒロ処女作、100万部突破も実売は…

書店に売れ残った水嶋ヒロ処女作、100万部突破も実売は…ninkiranking

大手芸能プロを辞め昨年末、小説家デビューした水嶋ヒロ(26)の処女作「KAGEROU」が発行部数100万部を突破した。
だが、実際はそれほど売れていないという→ninkiranking
 

KAGEROU


(以下引用)
水嶋の“華麗なる転身”は、応募した作品が「第5回ポプラ社小説大賞」を受賞したことで箔が付いたわけだが・・・→ninkiranking
出版関係者が明かす。「『KAGEROU』が100万部突破したとしきりに宣伝していますが、あくまでそれは刷り部数のこと。実売的には思ったほど売れていないという話で、書店には本があまっているといいますよ」
その証拠に、年明けの各ベストセラーランキングでは「KAGEROU」が早くも1位から陥落するという自体が起きている→ninkiranking
前出の出版関係者は「普通100万部のベストセラーとなれば、数ヶ月間はベストセラーランキング1位を独占するもの。それが早い時期に落ちてしまうということは、売上が伸びていないということ」と指摘する。
その背景としては「一部週刊誌が報じたことで、水嶋の大賞受賞はヤラセだったのではといった見方が急速に広がったことが大きかったと思いますよ」と大手芸能プロ幹部→ninkiranking
(引用 東スポ)

WWD for Japan (ウィメンズ・ウェア・デイリー・フォー・ジャパン) 2010 冬号 2011年 01月号 [雑誌]

 
処女作から100万部超えをしてしまった水嶋ヒロ。
次回作のハードルをかなり上げてしまった。
実質はミリオンセラーの売れ方ではないため、2作目が苦しそうだ。
そのまま“一発屋”状態にならなければいいが…。

【芸能ニュース速報】
後藤真希くわえタバコでパチンコ!落ちぶれた姿が「週刊新潮」に激写【画像】
ランキング2位ワイド芸能ショー さん
集団脱退!モーニング娘を襲う「最悪の結末」
ランキング11位
芸能界の裏の顔 さん
posted by Aネタ芸能 at 17:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
最新芸能記事20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。