最新芸能NEWS
2011年04月01日

「はねトび」が韓国で大バッシング!「韓国を蔑視した!」と物議に

「はねトび」が韓国で大バッシング!「韓国を蔑視した!」と物議にninkiranking

3月2日に放送されたフジテレビ系列のバラエティ番組「はねるのトびら」の人気コーナー
悪童美女(アットンミニョン)」が、韓国で大きな物議をかもしている→ninkiranking

はねるのトびらDS 短縮鉄道の夜


(以下引用)
同コーナーは、韓国で人気の新人ガールズグループ「悪童美女」が、毎回さまざまな試練を乗り越え
ながら日本デビューを目指すというもの。出演するのは、韓国ガールズグループに扮した
「はねるのトびら」メンバー5人と、韓国人MCのHYONGIとbomiだ。
同コーナーが問題視されたのは、韓国で大問題となったタレントの奴隷契約など、韓国芸能界の
否定的なイメージを主なネタとしていたからだという。
実際、2日放送分では、ガールズメンバーが新曲「愛ハセヨ」を披露するために、ベルトコンベアーで
走るという試練を与えられるのだが、メンバーらは途中、無理だと不満をもらしても、
MCは「もう契約で決まっている」「やってくれないと困る」などと返答→ninkiranking
所属事務所と契約問題でもめた「KARA」の騒動などを連想させるシーンが繰り返し登場した。
日本では笑って終わりそうなところだが、韓国側から見ると非常に不快だったようで、
韓国のインターネット上には番組に対する非難が殺到ninkiranking
特に、韓国人芸人のHYONGIがMCとして出演していたことに不快感を示す人は多く、「韓国芸能界を
皮肉る番組に韓国人芸人が出演するなんて信じられない
」「日本もどうしようもないが、
キム・ヒョンギ(HYONGI)もどうしようもない」「外国に行くとみんな売国者になるんだな」
「キム・ヒョンギはこれについて直接説明した方がいい」などのコメントが集まった→ninkiranking
中には、「日本ですら笑いの対象になるほど奴隷契約問題は深刻」「日本の番組を批判する前に、
奴隷契約問題を解決するほうが先だ」など韓国芸能界を批判する声も上がった。
バラエティ番組はお茶の間に笑いを届けるものだが、どうやら韓国までは届かなかったようだ。
(引用 韓フルタイム)

ジェットコースターラブ(初回版A)(DVD付)


その動画はこちら
【動画】→ ranking
【動画】→ ranking
【動画】→ reading
ネットでは、
「日本の不愉快な番組を、見なきゃいいのに…」
「ホント、日本が気になってしょうがないみたいね。自分達は番組で日本を馬鹿にするネタばかり
やっているのに自身がやられると大騒ぎ

「くだらん! どうでもいいことにいちいち突っ込んで来る。ほんとに(心の)小さい奴らだ」
「韓国や中国は、こうやって笑いの芽を摘んでしまうから駄目なんだよなぁ」
などの声が。
「悪童美女」見ていたが、かなりタイムリーなネタでしかも韓国人がMCで契約奴隷などの件を
突っ込んでいた。韓国の芸能界も契約問題について、ネタに出来るほどの空気なんだなと思ったのだが・・・。
視聴者がそんな様子では、いつまでも改善されなさそうだ…。

【芸能ニュース速報】
後藤真希くわえタバコでパチンコ!落ちぶれた姿が「週刊新潮」に激写【画像】
ランキング2位ワイド芸能ショー さん
集団脱退!モーニング娘を襲う「最悪の結末」
ランキング11位
芸能界の裏の顔 さん
posted by Aネタ芸能 at 11:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
最新芸能記事20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。