最新芸能NEWS
2011年07月15日

勢揃いでもキムタクに高すぎるハードル!視聴率30%は出るか

勢揃いでもキムタクに高すぎるハードル!視聴率30%は出るかninkiranking

「民放の大河ドラマ」と銘打ったTBS開局60周年記念ドラマ「南極大陸」(仮題)が10月からの放送を前にして、何かと話題を集めている。
TBSが社運を賭けたとだけあって、製作費は異例の10億円、出演者も固めに固めにきている。
だが、あまりにもハードルの高い、心配なことがあるという→ninkiranking

SPACE BATTLESHIP ヤマト プレミアム・エディション 【Blu-ray】



(以下引用)
「昔、高倉健主演で大ヒットした映画『南極物語』と同じタロ・ジロの物語で、TBSは社運を賭けた、
とまで言われています。2月から撮影が進められ、南極ロケも敢行。制作費総額が連ドラとしては空前の10億円を超えるといいます。当然、9月頃から、局を上げての番宣活動が活発になるはず」(テレビ記者)
主演は木村拓哉。「ビューティフルライフ」、「GOOD LUCK!!」、「華麗なる一族」などTBSのドラマで高視聴率をマークしてきた。しかし、一抹の不安もある。
「キムタク主演ならどんなドラマでもヒットするという“キムタク神話”が近年、崩壊していること。ヘタすれば、“キムタクの独り相撲”になることを、周囲は懸念しています」(芸能関係者)
不安を払拭するために、脇を固めるのがドラマの常套手段。共演者を香川照之、堺雅人ら演技派で固めたが、「香川も堺も、NHK大河での人気に便乗した感が否めない」(同前)との皮肉な見方も→ninkiranking
さらにヒロインには「JIN−仁−」(TBS)の綾瀬はるか。そのうえ、「マルモのおきて」(フジテレビ)の芦田愛菜までが投入された。
「綾瀬は、二年前に同じTBS の『MR.BRAIN 』で共演していて、木村とは息も合う。早くからヒロインに内定していました。芦田は爆発的な“マルモ”人気に急遽、キャスティングされたといわれ、ドラマでは出番が少ないのに、番宣ではかなり露出されるはず、という話まで出ています→ninkiranking」(テレビ関係者)
あやかれるものには全てあやかった感のある豪華キャストだが、それだけにハードルも上がる。
「TBSは『2011年を代表するドラマに』という意気込みですが、それには年間最高視聴率を取ることが必須条件。そこに立ちはだかるのが、コンスタントに20%前後を記録し、最終回で26%を叩き出した同局の『JIN』。制作費やキャストを考えると、“南極”は30%を超えも必要との声も→ninkiranking」(芸能デスク)
大ヒット作りメイク+キムタク+巨額制作費+旬の共演者=高視聴率という「勝利の足し算」は見事成り立つか?
(引用 週刊文春)

綾瀬はるか 2011年 カレンダー


視聴率20%くらいでは許してもらえなさそうなくらいの製作費とキャストである。
「JIN」を超えなければ、コケたと言われるのはもちろん、これだけの脇を集めてキムタクにとっても、ドラマ界にとっても致命的だ。
果たしてウルトラヒットを取れるのか。

【芸能ニュース速報】
後藤真希くわえタバコでパチンコ!落ちぶれた姿が「週刊新潮」に激写【画像】
ランキング2位ワイド芸能ショー さん
集団脱退!モーニング娘を襲う「最悪の結末」
ランキング11位
芸能界の裏の顔 さん
posted by Aネタ芸能 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/214804700
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最新芸能記事20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。