最新芸能NEWS
2011年10月01日

加護亜依、1億円でAV5本契約!ハードプレイもあった!?

加護亜依、1億円でAV5本契約!ハードプレイもあった!?ninkiranking

自殺未遂をし、大きな騒動となった元モーニング娘。の加護亜依
その背景には、恋人の逮捕や独立騒動など泥沼状態であることがうかがえるが、
実は1億円でAV契約もされていたというのだ→ninkiranking

加護亜依写真集「金曜日」


(以下引用)
さる芸能関係者が声を潜めて言う。
「実は大手アダルトメーカーX社が、加護とAV出演の契約を結んだようだ。5本契約で、前金として加護サイドに1億円払ったという話もあり、すでに撮影済みとの情報もあります→ninkiranking
最近でも小向美奈子がAV出演を発表。元アイドルとは思えないような超過激プレイに挑んだのは既報のとおりだが、加護の場合もかなりの「ハードなカラミ」が要求されていたようなのだ。別のアダルトメーカー関係者はこう話す。
「今回のようなケースは、一部の人にしか知らせないトップシークレツト案件です。もし、具体的な金銭が動いていた場合には、最低でも1本は撮影していなければ、メーカーからギャラを前払いで払うということはありえない。いわば担保として、すでに加護ちゃん主演AVが撮影済みの可能性が高いですね。AVですから、最低でもフェラとSEXは必須でしょう→ninkiranking
そこで、名前のあがっていたアダルトメーカーX社の関係者に聞くと‥‥。
「確かに、各AVメーカーとも加護はリストアップし、実際に自分たちも動いていた。しかし、契約までたどりついたという話は聞いていません」
さらには、別のメーカーの関係者もコーデイネーターを介して、加護サイドに接触を試みていたことを認めている→ninkiranking
それにしても、老若男女から「加護ちゃん」と慕われたモー娘時代からは考えられないようなトラブルが相次いでいるのはなぜか。
「もともと彼女は、世間を知らないまま芸能界に入ってしまい、世の中にまったく免疫がないまま、大人たちに翻弄されてきた。恐らくビジネスとプライベートの区別がつかない中で、袋小路に入ってしまったのではないか。ダーティなイメージを払拭するには時間がかかりそうです」(芸能レポーター)
(引用 アサヒ芸能)

月刊加護亜依 (SHINCHO MOOK 111)


確定ではないようだが、実際に売り込みがあった事実は事務所も認めていた。
しかも、加護本人も事務所をやめたかった理由はポルノに出さされるのが嫌だったと告白していた。
ただ、加護にお金がないのは事実。
まだ24歳で、元アイドルなのに、とんでもなく、過酷な人生を歩んでいる…。


【芸能ニュース速報】
後藤真希くわえタバコでパチンコ!落ちぶれた姿が「週刊新潮」に激写【画像】
ランキング2位ワイド芸能ショー さん
集団脱退!モーニング娘を襲う「最悪の結末」
ランキング11位
芸能界の裏の顔 さん
posted by Aネタ芸能 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/228063306
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最新芸能記事20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。