最新芸能NEWS
2008年06月11日

「ごくせん」好調の影で高木が落ち込んでいる!?セリフをカットされた

「ごくせん」好調の影で高木が落ち込んでいる!?セリフをカットされたninkiranking

キムタクこと木村拓哉主演の「CHANGE」を抑えて、今期ドラマで
平均視聴率トップを走っているドラマ「ごくせん」。
スタッフも出演陣も、この快挙に大喜びだ。
だが、その一方で話題となっているのが、緒方大和役を演じる
Hey!Sey!JUMPの高木雄也の“大根ぶり”だという。
なんと、第2話から彼のセリフが削られたというから本人は大ショック→ninkiranking
 
フェロモンボディ
(以下引用)
「彼が演じているのはクラスでもメインのキャラクター。
不良役だけに、緊迫したシーンも多いんですが、彼が口を開いた
だけでその場の空気が一変する→ninkiranking
棒読みなうえ、滑舌も悪いからセリフが聞き取れないことも多い
んですよね。一応、600人の応募者からオーディションで選ばれた
っていうふれこみですが、いくらジャニーズだからって、
あれをねじ込むのは明らかにやりすぎですよ」(ドラマウォッチャー)
ネット上では、ドラマの放映直後から批判が相次ぎ、挙句の果て
には「ごくせんの内容より高木の演技の方が気になる」
「ここまで酷いと逆に見たくなくなってきた」なんて意見まで
飛び出すほど。さらにこんな情報も・・・→ninkiranking
「実は、第一話が放送されたあと、急きょ台本が変更になった
らしいんです。大きな流れは変わっていませんが、高木演じる
大和のセリフが大幅にカットされていたとか→ninkiranking
事務所には『無口でさらにクールな設定にしたいから』と申し
出があったらしんですが、彼の演技力が原因であることは誰が
見ても明らか→ninkiranking
さすがの高木も今回ばかりは相当落ち込んでいるようですよ」
(芸能プロダクション関係者)
メリー副社長のお気に入りと言われ、加藤瑠美とのラブプリ流出
騒動があった際もほとんどお咎めなしだった高木。
ドラマの挿入歌である「俺たちの青春」をソロで担当するなど、
事務所的にも猛プッシュされているが、その強引なやり方により
実力のなさが浮き彫りになってしまったのだから、なんとも
皮肉な話だ。
(引用 BUBKA)
フェロモンボディ
メインのはずの高木の影が薄い?と少し感じていたのだが、
出番が削られていたということか・・・。
さすがにそれは本人も凹むだろうなー。
デビューしたばかりで、アイドルだけに演技の経験もほぼないだ
ろうし、本人にしてみればキャパオーバーの仕事だったのかも
しれないが、勉強して頑張ってもらいたい。
【芸能ニュース速報】
後藤真希くわえタバコでパチンコ!落ちぶれた姿が「週刊新潮」に激写【画像】
ランキング2位ワイド芸能ショー さん
集団脱退!モーニング娘を襲う「最悪の結末」
ランキング11位
芸能界の裏の顔 さん


posted by Aネタ芸能 at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
最新芸能記事20
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。